ポイントの貯まりやすいカードの特徴、年会費、ポイント還元率を一覧にしました。

MENU

ポイントの貯まりやすいカード

クレジットカードのポイントを計算してみよう

ポイントの貯まりやすいカードは、通常ポイントの高いカードと、特定の用途で決済した場合にボーナスポイントの付くカードがあります。

カード決済する用途が幅広い場合は基本ポイントの高いカードを選びましょう。
決まった使い道の多い人は、特典を重視して選ぶとよいでしょう。
ポイントの貯まりやすいカードをまとめました。

 

クレカを選ぶポイント

 

通常ポイント還元率が高いカード

 

OMCカード

年会費:1,000円(年間60万円以上の利用で次年度無料)
ポイント還元率:1.0~2.0%以上

 

通常ポイント還元率は1%ですが、月に5万円以上の決済をすると翌月のポイントが倍になります。
さらに、前年の利用額に応じて最大1.3%までポイント還元率がアップします。
利用することの多い人は年会費6,000円でポイント還元率が最大1.6%になるゴールドカードもオススメです。

 

 

Orico Card THE POINT

年会費:永年無料
ポイント還元率:1.0%(発行後6ヶ月は2%)

 

年会費無料でポイントの貯めやすさに特化したカードです。
発行後6ヶ月は全ての決済でポイント2%、その後も常にポイント1%で利用できます。
オリコモール経由の決済は0.5%上乗せされます。

 

 

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス・カード)

年会費:31,000円
ポイント還元率:1.875%

 

アメックス系のカードの中でトップクラスにポイント還元率が高いです。
年会費は高めですが、一般的なゴールドカードと同等以上の付帯サービスが付いてきます。

 

 

DCカード Jizile(ジザイル)※リボ払い専用カード

年会費:無料
ポイント還元率:1.5倍

 

通常のDCカードのポイント還元率は0.5%ですが、リボ払い専用のジザイルにすれば、いつでもポイント3倍(1.5%)になります。
リボ払いの最低支払額を任意で高めに設定することも可能です。
分割になると利息を取られますが、普段からリボ払いをする機会の多い人や、少額利用しかしない人にオススメです。

 

 

 

ボーナスポイントの多いカード

 

dカード GOLD

年会費:10,000円
ポイント還元率:1%、ドコモの携帯料金、プロバイダ料金の支払いでポイント10倍

 

携帯代、光回線の支払いでポイント10%になります。
ほかにも3年間携帯代金10万円分補償など、大手携帯キャリアならではの特典を用意しています。
家族の携帯代もまとめて払っている人から人気です。

 

 

楽天カード

年会費:無料
ポイント還元率1~4%

 

年会費無料で通常ポイント1%、さらに新規申込で5,000ポイント以上のプレゼント特典が用意されています。
楽天市場をはじめ、楽天系サービスの決済は3~4%にポイントがアップします。

 

 

「ビュー・スイカ」カード

年会費:477円
ポイント還元率:0.5~1.5%

 

通常還元率は低いですが、Suicaのオートチャージや定期代支払いでポイントが1.5%になります。
年会費はかかりますが、Web明細にするだけで年間600ポイントプレゼント、年間利用額に応じて最大2,500ポイントプレゼントなどの特典が豊富です。
定期の自動継続など便利な機能も付いてきます。