ショッピング枠の方が大きく、キャッシング枠の方が少ないのが一般的です。

MENU

枠の違い

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠に分かれています。
ショッピング枠は買い物やサービスを受けるための決済代行サービス。キャッシング枠は現金融資を行う貸付サービスです。
一般的なクレカはショッピング枠の方が大きく、キャッシング枠の方が少ない特性があります。
申し込み時の審査や希望条件によってはショッピング枠のみでキャッシング枠の無いクレカを発行されることもあります。

 

 

 

キャッシング枠は貸金業法の制約を受ける

 

クレカのキャッシング機能は無担保で現金を借入できるため、消費者金融のフリーキャッシングと同じで貸金業法の影響を受けます。
法律によるルールが整備されているため、クレカのキャッシング機能は以下の共通点があります。

 

  • キャッシング枠50万円超えは年収証明が必要なため、要望のない利用者は50万円以下に設定されている
  • 他の借入やカードローン、クレカのキャッシング枠を含めた借入額(キャッシング枠全額を計上)が年収の3分の1を超えない

 

ショッピング枠はゴールドカードクラスで200万円の高額な借入を可能にしていますが、キャッシング枠は基本的に50万円以下に設定されています。
キャッシング枠は増額審査を受けることもできますが、50万円を超えると収入証明の提出を義務付けられます。
ショッピング枠は、あくまでも決済代行サービスで貸付商品とは異なります。
実際には後払い式で分割払いにも対応するなど、金融商品と同等の特性もありますが貸金業法の影響を受けないため、限度額を高額に設定しやすく、カード利用額が多くても返済遅延や分割払いの残高さえ少なければ、他の金融商品(ローンなど)の審査に悪影響の出ないメリットがあります。

 

 

内枠、外枠の違いに注意

 

キャッシング枠には内枠と外枠があります。
内枠を勘違いしていると、限度額オーバーになるリスクが高いので注意しましょう。

 

内枠とは、キャッシング枠がショッピング枠の内枠に組み入れられる方式です。
たとえばショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円(内枠)だった場合、キャッシング枠を30万円利用するとショッピング枠も30万円加算されたことになり、通常のショッピングでは20万円しか使えなくなってしまいます。
外枠の場合は、ショッピング枠を使い切っていても、キャッシング枠を使っていなければ満額の借入が可能です。
つまり、限度額が同じ条件でもショッピング枠とキャッシング枠を合算した利用限度額は、内枠より外枠の方がキャッシング枠の分、高く設定されていることになります。

 

クレジットカードによる破産者の詳しい情報についてはこちら

 

金利も異なる場合がある

金利のイメージ画像

 

ショッピング枠も金利は利息制限法の影響を受けて、10万円以上100万円未満で18%が上限金利になります。
一部の年会費が高額なクレカでは12%前後に優遇されていることもありますが、大半のクレカは利息制限法の上限に設定されています。
利息制限法は100万円以上になると15%が上限になるため、ショッピング枠が100万円以上、キャッシング枠が99万円以下の場合、ショッピング枠15%、キャッシング枠18%と別々の金利が適用されます。
利用設定のショッピング枠が99万円以下でも、カードの上限設定可能額が100万円以上であれば15%に設定されているケースも多いです。
分割払いやキャッシング機能を利用する際は、適用金利を確認しておきましょう。