ゴールドカードのメリットは多く、年間利用金額の多い人や旅行好きな人から選ばれています。

MENU

ゴールドカードのメリット

ゴールドカードは年会費1万円前後かかる高グレードクレカです。
年会費や特典はピンキリになりますが、ゴールドカードの特徴と通常カードに比べたメリットをまとめると以下の通りです。

 

  • ポイント還元率が高い
  • 限度額設定を高くできる
  • 金利が安い
  • 旅行保険、ショッピング保険が充実
  • ゴールドカード専用デスクがある(すぐに電話がつながる)
  • 限定の優待特典がある
  • カードの見た目が良い

 

ゴールドカードのメリットはたくさんありますが、年間利用額の多い人や旅行好きな人から選ばれることが多いです。
さらに上のプラチナカードやブラックカードもありますが、ゴールドカードは年会費と特典のバランスがよく、低所得者からの利用も多いです。

 

 

 

たくさん使えばポイントで年会費の元を取れる

ゴールドカードのイメージ画像

ゴールドカードの年会費は5千円~2万円が相場です。
年会費がゴールドカードを保有するネックになりますが、カード利用やお金を使うことの多い人はポイント還元で回収できます。
通常カードとのポイント差は、0~0.5ポイントほどです。
通常カードとのポイント差だけで年会費を回収することは難しくても、限度額アップでカード決済できる幅が広がっていきます。
高額な限度額によって、現金で払っていたものをカード払いに変更すれば、年間で数万円以上のポイントを上乗せすることが可能です。

 

 

カード払いできる単価が高いもの

  • 家電
  • パソコン、タブレット
  • 新幹線や飛行機のチケット
  • コンサートやライブなどのチケット
  • 旅行ツアー代金
  • 車の整備代(車検時の諸費用分のみカード払い不可)

 

 

ゴールドカードの最大限度額は200~300万円ほどに設定されていることが多いです。
限度額が増えれば、大きな買い物や支払いでも限度額オーバーを気にせずにカード払いを利用できます。
ゴールドカードにすることで年間100万円の利用額が増えて、ポイント1.5倍だったら1万5千ポイントが上乗せされるので、大半のゴールドカードは年会費分を回収できます。
ポイントだけで回収できなくても、旅行保険などゴールドカードの特典を考慮すれば利用する価値があります。
ゴールドカードを持つなら、現金払いよりカード払いの比率を増やして年会費負担を少しでも減らすように努力しましょう。
ゴールドカード保持者は必然的に現金払い派よりキャッシュレス派の人が多くなります。

 

 

ゴールドカードの主な特典

 

ゴールドカード利用者が受けられる主な特典をまとめました。

  • 空港のラウンジを利用できる(カード会社の用意した簡易的なラウンジ)
  • 国内、海外の旅行保険が充実
  • ロードサービス
  • 外部の優待サービスの無料利用(クラブオフなど)
  • 記念品プレゼント

 

ゴールドカードも種類によって特典の内容が変わってくるので、自分に合ったものを探しましょう。

 

 

 

まとめ

 

ゴールドカードのデメリットは年会費と審査が通りにくい点です。
年会費はポイントや特典でカバーできます。
おおよその目安として年間100万円以上のカード決済をしていればゴールカードを持つメリットが大きいです。
カード利用が少なくても、1~2年に1回海外旅行に行くなら、その都度海外旅行保険に加入するよりもゴールドカードの充実した保険で対応した方がお得です。
審査に通るのであれば、ゴールドカードは前向きに検討してみてください。
年会費3,000円以下で持てるゴールドカードもあるので、興味を持ったら予算や活用方法を見ながら自分に合ったゴールドカードを探してみてください。