海外旅行に行くなら最低限はマスターカード、できればVISAのカードは持っておくべきです。

MENU

海外旅行でのクレカ使用

海外は日本よりも治安も悪く、大金を持ち歩くリスクが高いです。
また、少額の貨幣を両替するには手数料も高いため、海外旅行に行く際はクレカ払いの方が便利で安全、低コストメリットがたくさんあります。
さらに、一部のクレカには海外旅行保険も付いているので、もはや海外に行くならクレカは必須アイテムと言える存在になっています。
海外ではクレカがどのくらい使えるかをまとめました。

日本のクレジットカード利用率について詳しくはこちら

 

 

所有しているカードブランドに注意

 

1位:VISA
2位:MasterCard
3位:Amex
4位:UnionPay
5位:JCB
6位:Diners

 

日本では国内で発行した全てのカードをどこでも利用できますが、海外では扱っているカードブランドに限定があることが多いです。
特に日本産のカードブランドでもあるJCBは海外には弱いので注意しましょう。
JCBも国際カードブランドなので海外でも使えますが、最大手のVISAに比べると加盟店の数は少ないです。
国や地域によっても違いはありますが、世界全体でのカードブランドの利用できる加盟店数のランキングは以下の通りです。

 

 

 

海外旅行に行くなら、最低限はマスターカード。できればVISAのカードは持っておくべきです。

 

 

ある程度の基本概念は日本と同じでOK

 

カードの利用できる場所

・空港
・ショッピングモールなど大型店
・中心街の飲食店
・免税店

 

カードの利用できない場所

・観光スポットのチケットなど
・個人商店が並ぶ観光地のおみやげ屋
・郊外の古い建物が並ぶ商店街や店舗
・屋台、市場

 

 

海外でもあっても規模の大きい場所であればどこでもカードを使えます。
空港であればJCBに対応している所も多いです。
新しくて大きいお店であればカード決済対応しているものですが、個人商店は全てとは言いませんが大半はカードを使えません。
地域によってはカード普及率が非常に低いこともあります。旅行に行く前にカード普及率を確認しておくと良いでしょう。
海外の郊外に旅行する場合は基本的にカードは使えないと思っておいた方がいいです。

 

 

あると便利な海外キャッシング

飛んでいる飛行機のイメージ画像

日本であれば現金が足りなくなればATMから必要な現金を引き出せます。
海外では日本の銀行キャッシュカードを持っていても、使い道がないです。(一部のメガバンクを除く)
海外キャッシングに対応したクレジットカードを持っていれば、現地で中心街に設置されているATMを探してキャッシングできる場合もあります。
両替手数料と利息を取られるので、事前に両替して現金を持っておくよりコストはかかりますが、いざというときに現金補給できるのは安心感にも繋がります。
海外キャッシュ機能は標準で付いていないケースが多いので、海外旅行に行く前は海外キャッシュの有無を確認して、時間に余裕があれば申し込みや対応できるカードの追加発行をしておくとよいでしょう。