カード決済で多く占めるサービスに特化したカードを選ぶとお得です。

MENU

人気のクレカ

クレカはキャッシュレスで決済の手間が楽になるだけではなく、利用するごとにポイントやマイルを貯められるメリットがあります。
ポイント付与率はカードの種類や条件によって異なってきます。
どうせカードやお金を使うなら還元率の高いカードを使いたいものです。
ポイントが貯まりやすい人気のクレカと選び方のコツをまとめました。

 

 

ポイント付与率の高い人気クレカ

 

 

YAHOO!JAPANカード

年会費:永年無料
Yahoo!ショッピング&LOHACOで3%、その他の利用でも1%、さらにTポイント付きで効率的にポイントを貯められます。

楽天カード

年会費:永年無料
発行だけで5,000ポイント以上プレゼント、楽天系決済で楽天ポイントがどんどん貯まる

ライフカード

年会費:永年無料
基本のポイント付与率も無料カードの中では高く、誕生月はポイント5倍の特典が好評

JALカード

年会費:初年度無料、2年目以降2,160円
マイル還元したい人にオススメ

 

 

 

よくお金を使うサービスに特化したカードを選ぶ

ガソリンを入れる車

カード決済で多く占めるサービスが固定されている方は、そのサービスに特化したカードを選ぶとお得です。
例えば、楽天市場をよく使うなら楽天カード、Suicaチャージを頻繁にするならビューカード、イオン系スーパーでの買い物が多いならイオンカードを利用しましょう。
クレカのポイントだけではなく、独自サービスのポイント(イオンポイントやTポイント)なども貯まりやすかったり、自社カード決済で割引を受けられるケースもあります。

 

ポイント付与率だけではなく恩恵がどれだけ多いかもチェックしましょう。たとえば車を頻繁に使ってガソリン給油する機会が多ければエネオスカードがお得です。
ポイント付与率は低くてもガソリン価格が現金会員よりも優遇されます。
このように、自分のお金の使い方に合ったカードを選びましょう。

 

ただし、クレカの多くは年間決済額に応じてポイント付与率が変動する仕組みになっています。
用途別に複数枚のカードを持つのではなく、1枚のメインカードを決めて決済額を増やしてステージアップすることも大切です。

 

便利な交通系電子マネーについてはこちら

 

ポイント還元率やコスパで見ればゴールドカードがベスト

 

全てのカードに共通したことではないですが、ゴールドカードは年会費はかかりますがポイント付与率も高くなるため、カード決済額が多ければポイント還元で年会費の元を取れます。
さらにゴールドカードになると旅行保険が手厚くなるなど、ポイント以外の付加サービスも充実してきます。
プラチナやブラックになると、ポイント付与ではなくコンシェルジュサービスや食事招待、海外を含めた空港ラウンジ利用といったサービスで還元される傾向があります。
ポイント還元率とその他の付加サービス、年会費のバランスを取ると、ゴールドカードはもっともコスパが高くオススメできます。
プラチナ以上は、所有することのステータス目的で高い年会費を払う方も多く、日常的な使い方での還元はゴールドカードと大差がありません。