各交通系電子マネーの互換性が進み、1枚持っていれば、どのエリアでも利用できます。

MENU

交通系電子マネー

電車やバスなどの公共交通機関を利用する人なら、ほとんどの方が交通系電子マネーを持っています。
クレカとは違い、前払い制の安心感もあり、コンビニをはじめ交通機関以外でも使える場所は拡大しています。
現金よりも安心ということから、小中学生に現金の変わりに電子マネーを持たせているケースも増えています。

 

 

主な交通系電子マネー

 

  • Kitaca(キタカ):JR北海道
  • Suica(スイカ):JR東日本
  • TOICA(トイカ):JR東海
  • ICOCA(イコカ):JR西日本
  • SUGOCA(スゴカ):JR九州
  • PASMO(パスモ):関東私鉄
  • manaca(マナカ):東海、名古屋私鉄など
  • PiTaPa(ピタパ):関西私鉄
  • はやかけん:福岡市地下鉄
  • nimoca(ニモカ):九州私鉄

 

最近では各交通系電子マネーの互換性が進み、1枚持っていれば、その地域の私鉄、JR、バスの全てを利用できます。

 

 

モバイルSuicaでクレカのポイントを貯められる?

ICカードで改札を通る人

通常の交通系電子マネーは券売機で事前チャージを行う必要があります。
最近では、カードを持たずにスマホを利用してタッチによる電子決済ができるモバイルSuica機能も普及しています。
登録したカードから電子決済できたり、オートチャージ機能も完備しています。
ここで気になるのがモバイルSuicaを利用すればカードのポイントも貯められるか?です。
現時点での対応をまとめました。

 

ビューカード:1.5%の特別付与率
ApplePayのSuica機能:カードによる(ポインふ付与のあるカード多数)
AndroidのSica機能:原則ポイント付与なし
ガラケーのおサイフ携帯機能:原則ポイント付与なし

 

 

交通系電子マネーの利用頻度が高ければ、ポイント付与の有利なクレカを使うとお得です。
JR系のビューカードのほか、ビッグカメラカード、ルミネカードなどもSuicaチャージのポイント付与率を優遇(1.5%)しています。

 

 

根強く残る現金需要

 

電子マネーはチャージをする手間があり、残高不足になると改札で止められて混雑時だと、周りに迷惑をかけた気持ちになります。
ギリギリだと不安という方も多いですし、朝の急いでいるときにチャージする時間をかけたくないために、ある程度残高にゆとりを持たせている人が多いです。
チャージの手間や多くの券売機は千円単位でのチャージになるため、コンビニなど電子マネー対応店でも現金決済の需要は高いです。
たとえばコンビニで300円の買い物をするときに、小銭で300円以上あれば残高のある電子マネーよりも現金で払ってしまおうとする方が多いです。
世の中の全てのサービスが電子マネー化して、小銭を持たなくても不自由なく生活できる環境になれば、電子マネーの需要はさらに拡大するでしょう。